まずは無料でメルマガに登録
無料メルマガ配信中!特典付き!

メルマガに登録すると、すぐに無料レポート【ネットビジネスの教科書】が受け取れます!特典だけでも受け取ってみてください。ブログでは書き下ろせない情報も配信していますので配信を楽しみにしてくださいね。

特典の受け取りはこちら!

月々稼ぎたいならオファーの定義から。

ネットビジネス

りゅうりぇるです。

今日は「オファー」の重要性について話そうと思う。

「オファー」はどんなジャンルでも重要です。

マーケティングでも恋愛でもビジネスでも。

どれほど優れた「何か」があっても、

オファーの仕方が悪いと埋もれたままになってしまいます。

そこで今回は、

僕がビジネスを通して習得した「最善のオファー」に関して解説していきます。

まずは、

「オファー」の定義から考えましょう。

個人的には

「他人を動かす可能性がある、ありとあらゆること」

がオファーだと感じています。

だから、

アイテムを購入してもらうことも、

デートに誘うことも、

メールを送ることも、

LINEのメッセージを送ることも、

僕の中ではオファーです。

ふざけているわけではありません。

100%本気です。

誰かに仕事をサポートしてもらうことも、

「他人を動かすこと」ですからオファーです。

「LINEのメッセージを送るのがオファーなの?」

と感じたかもしれませんが、

これもかなり強いオファーです。

LINEの内容が面白くなければ読みたくないですよね。

初回は何となく全部読んでくれるかもしれませんが、

「面白くない……」

となれば、2回目からはマトモに目を通してもらえなくなりますよね。

だから、LINEのメッセージを送るのも重要なオファーなんです。

それで心を掴むことができれば、2回目からも目を通してもらえます。

反対に、「もういいよ……」と判断されれば、

それ以降は、まず間違いなく読んでもらえません。

気になる異性や友人だったら、

「礼儀」で、申し訳程度に読んでもらえるかもしれません。

でも、これがビジネスのメールマガジンとかになると、

「読んであげる義理」なんて一切ないわけですから、

つまらなければ簡単に切り捨てられます。

そう考えると、ビジネスと恋愛って似てますよね。

アイテムを購入してもらう。

これも当然オファーです。

お金を頂戴するわけですから、

LINEのメッセージを送ることよりも重要なオファーです。

LINEのメッセージを読んでもらうことと比べても、

遥かに難易度の高いオファーですよね。

デートしてもらうのもオファーです。

気になるコとデートしたいのであれば、

「僕とデートすると、こういう良い事があるよ!」ということを伝える必要があります。

そうじゃないとフラれます。

豪華な食事を奢ってもらえるとか、

とにかく楽しいとか、

人脈が広がるとか、

どんなものでも構いませんが

「メリット」がないと、女性はデートしてくれません。

なぜなら、「全くデートを申し込まれない女性」って少ないですから。

それが現実。

「全くモテない男性」は大勢いるのに、

「全くモテない女性」はあんまりいません。

すると、女性には「比較する余裕」が生まれる。

○○さんはお金持ちだし、カッコいい。

△△さんはとにかく楽しいけど、お金がなさ過ぎる。

××さんはカッコいいけれど、微妙にお金がない

となると、誰だって「お金持ち&イケメン」の○○さんを選びますよね。

だから、オファーはちゃんとやる必要があります。

自分の長所をアピールして、相手に気に入ってもらうことが大事。

それらは、みんなオファーなんです。

誰かに作業をサポートしてもらうことも当然オファー。

「誰かを行動させる(させる可能性のある)行為」は例外なくオファーです。

また、オファーは「他人に時間を消費させる」ことでもあります。

「行動」には時間がかかりますからね。

となると、相手がマイナスを被るようなオファーは、

絶対に受け入れられません。

「プラス要素」がないと無理なんです。

オファーは、メリットをつけないと成功しません。

これは当然のことです。

ノリや人情で成功するようなものではないんです。

もちろん、そういう人はビジネス自体成功しません。

そこで、意識してもらいたい用語が2つあります。

それは、

「希少性」と「自己重要感」です。

まず、自己重要感というのは、

「自分を『大切な存在なのだ』と意識すること」です。

簡単に言えば、「私、この人にとって重要なんだ!」と感じてもらうということ。

それはつまり、「私を尊重してくれているんだな」と思ってもらうということです。

そのために必要なのが「希少性」という考え方。

つまりは、レアなもの(価値のあるもの)を他者に与えるということですね。

「生まれてから一回も彼女いない!」と嘆いている男性をデートに誘うとか。

「ラーメンの気分だ!!」と大騒ぎしている人にラーメンを奢るとか。

「スマホの充電器忘れた!」と焦っている人に充電器を貸すとか。

彼女いない歴=年齢の男性を誘えばまず間違いなくうまくいくでしょう。

つまり、「相手にとって希少なもの」ってことですね。

どうしても彼女が欲しいなら、

「どうしても彼氏ができない!!」と悩みまくっている女性にアプローチする。

これだけで、オファーはほぼ成功します。

逆に、

「男友達が多すぎて、みんな私のこと好きっぽい!」

って女性にアプローチしても、まず間違いなく失敗します。

「いや、間に合ってるんでww」

ってことですよね。

相手に希少性の高いものを与えれば(売れば)いい。

それに成功すれば、ビジネスで驚くほど稼げます。

ちなみに、ビジネス業界ではこういうやり方のことを

「ブルーオーシャン戦略」と呼びます。

恋愛でもこれは役立ちます。

モテなさそうな異性を狙う。

敵があまりいない市場で稼ぐ。

本質的には一緒ですよね。

また、敵が多くいる場合でも、

その中でベストなオファーを行えばOKです。

成人している男女って日本に何人くらいいるんでしょうか。

1億人以上いるんですかね。

その中のかなりの割合の人が、

恋人が一回もできないまま三十路を迎えるわけですよね。

それはなぜか。

ズバリ、オファーがヘタな人が多すぎるからです。

「どうすれば異性にメリットを示すことができるか」

ということを意識しつつオファーできる人がもっと多ければ、

日本はこのような状況にはなっていません。

そして、ここで「あること」が発生しています。

それは、「極端な偏り」です。

数少ないモテ男にたくさんの女性が集中しているわけです。

よほどオファーが上手なんでしょう。

ビジネスで言えば、

「数少ない上級者に利益が集中している」という感じですね。

ほとんどの人が1や2の価値しかないオファーをしている中で、

そういう強者は当然のように100や200のオファーを行います。

だから、恋愛でもビジネスでもオファーを頑張るべきなんですが、

いきなりそこまで上手いオファーは行えません。

しかし、そこで諦めずに、成長するために懸命に学んで、

100や200のオファーができるようになりましょう!

「他者を動かすこと(動かす可能性があること)全部」

それが、僕が考えるオファーの定義です。

・希少性

・自己重要感

これがポイントとなります。

お疲れ様でした。

本日はここまでです。

◆—————————-

ブログでは話していないこともメルマガで

配信しています。登録してない方はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました